Home Guidance | 相談室Top | 利用規定 | 過去ログ | 登録回答者一覧 |




 《狭路の通行の仕方がわからないのです。》  返信記事数:3

相談期間は終了しました 狭路の通行の仕方がわからないのです。   相談者: ゆきこ さん
   2002年5月21日(火) 20時38分

    はじめまして。いつもこの相談室を参考に頑張っている30代の主婦です。
    先月から教習所に通っていますが、まだ1段階で昨日から「狭路の通行」を
    やっております。今日も同じコースを走りましたが、何処で、どうハンドルを
    切るのかわからないのです。多分、目線も何処を見たらよいのかわかっていな
    いのです。明日もまたチャレンジしてきますが、何か良いアドバイスを頂けま
    したら嬉しいのですが・・・宜しくお願い致します。
<返信記事数 3

    【1】 RE:狭路の通行の仕方がわからないのです。   回答者:みー さん
       2002年5月21日(火) 22時18分
      ゆきこさん、こんばんは。みーと申します。
      「狭路の通行」はみなさん、苦戦する項目のひとつだと思います。
      狭路を通るに当たって押さえて頂きたいポイントは、内輪差、目線、ハンドルを切る量などいろいろありますが、わたしはS字の目線についてお話します。

      目線ですが、普段ゆきこさんはカーブを曲がるとき、曲がり角を曲がるとき、どの辺りを見ていますか?おそらく指導員は「先の方をみましょう」といつもいうのではないでしょうか?(わたしもよくいいます・・・)じゃあ、先とはどれぐらいか、次のカーブはどこから始まるのかを探すイメージで見ていってみましょう。
      車とは、人間が歩くのに比べたら、いくらでも速度を出すことができるので、普段歩いているときの気持ちで先を見ているとすぐに追いついてしまい、車は次はどこへいけばいいのか分からない状態になり、フラフラしてしまいます。
      S字だったら、まず入るときは車を入れたい所を見ましょう。内輪差が生じるのでできるだけ外側寄りに、車が入ったら次は2つ目のカーブを探す気持ちで目を動かしましょう。それくらい先を見れば、おそらく1つ目のカーブ全体を見渡すことができるので、どの辺りでハンドルを切ればいいかと考えることができますね。その時に、車の先端や地面の方を見ていると、その時にならないと変化に気づかないので、目線が下がらないように気をつけてください。1つ目のカーブが終わったらつぎはS字の出口を探すイメージで見ましょう。

      目線は狭路だけでなく、普段の運転にも影響します。まずは、行きたいところを見る!行きたくなかったら見ない!これを心がけてみて下さい。

      練習を重ねればできるようになりますよ!明日の教習、頑張ってきてくださいね。
      いい報告を待っています!
      参考にならなかったらゴメンナサイ。


    【2】 RE:狭路の通行の仕方がわからないのです。   回答者:登録回答者 Candy さん
       2002年5月21日(火) 22時47分
      こんばんは、ゆきこさん。Candy(♂)と申します。

      狭路の通行ですが・・・
      難しいですよね!私も何回溝に落ちたことか・・・
      私は指導員の方からハンドルを切る量を次のように教わりました。
      「前輪はココにあります。前輪を溝に落とすくらいでハンドルを切って下さい。」と言われて、落としてみようと思いハンドルを切りました。
      その後、車を停止させて、車外に出ると・・・
      あれ??まだ、あんなに余裕がある。見えない部分の思い込みがあるなー・・・という具合でした。
      指導員の方に相談をして「思いっきりハンドルを切ったところ」で停止して、車外に出て確認するのも一つの方法だと思います。
      ご参考までに・・・

      By.Candy


    【3】 RE:狭路の通行の仕方がわからないのです。   相談者:ゆきこ さん
       2002年5月21日(火) 23時32分
      みーさん、目線にについてのアドバイスありがとうございました。
      カーブのことばかり考え、また車が壁にぶつからないか?・・・と
      気にしすぎて遠くまで見ている余裕が無かったと思います。
      今度はもっと遠くを見るよう心がけたいと思います。

      Candyさん、ハンドルを切るタイミングのアドバイスありがとう
      ございました。
      私も前輪を溝に落とすくらいの気持ちでハンドルを切ってみようとかと
      思います。
      これからも少しの失敗を気にせず、教習を重ねていきます。
      またわからないことがありましたら教えてください。



<返信記事数3


------ この記事の相談期間は終了しました ------




インターネット自動車教習所