Home Guidance | 相談室Top | 利用規定 | 過去ログ | 登録回答者一覧 |




 《下り坂などで》  返信記事数:3

相談期間は終了しました 下り坂などで   相談者: 8810 さん
   2001年9月3日(月) 0時7分

    僕は、ATに乗っているんですが、下りの坂道などは、僕の場合は、ニュートラル状態にしてエンジンブレーキが効かせないのではしってます。それでスピード速すぎるかなーと思ったら、Dにしたり、セカンドにしたり調節してます。つまりブレーキをあまり踏まないようにしています。(いちようブレーキペダルには、足を乗せています。)ここで思ったことは、この運転方法は、ガソリンの節約になるんでしょうか?

    以上ですたくさん質問しましたけどよろしくお願いします

<返信記事数 3

    【1】 RE:下り坂などで   回答者:登録回答者 だーく さん だーくさんからのメッセージ だーくさんのホームページ
       2001年9月3日(月) 0時37分
      この内容と同じ質問が前にもあった気がします・・・・・さておき。

      私の耳にした話ですが、AT車はニュートラル長い間で走ると車が痛むって話を聞いたことがあります。(車の構造、整備関係の知識がないので詳しく説明できません・・・)
      それと、エンジンブレーキを活用しないと、いざという場合にはブレーキが効かなくなる場合があります。ご注意を!

      アホって言われるかもしれませんが、某道路(片道20kmほど)で数回走ってみたところ「燃費節約」になったような気がします。
      気のせいかもって気がしますが・・・・・


    【2】 RE:下り坂などで   回答者:ねこっち さん
       2001年9月3日(月) 1時45分
      技術的な解答をしましょう。
      (免許は初心者ですが、機械系技術屋としてはベテランです)

      ATでNレンジで走っていると、トルクコンバーターに全部エンジン動力がかかって、全部熱になってしまいます。そこへきて、オイルポンプが走行速度に合わない
      動作になるため、ATが過熱状態になったり、ATFが劣化しますので、止めるべきですね。

      また、走行中にトルクコンバータが回転差を逃がしきれない状態で「N」から「D」レンジにすると、AT内のクラッチが数回で焼けます。
      (ATは機械的にはノークラッチではありません。MTのクラッチより
       繊細でシビアなものです。)

      近頃の車は、エンジンブレーキがかかったと判断すると、燃料カットなどを
      自動的に行うので(H車のSとかFの技術情報にも載っています)
      8810さんの走行法は、燃料の節約にもなっていません。

      交差点でエンジンブレーキで止まらなくても、ブレーキ容量がでかいから
      最近の車だったら良いけど、
      下り坂で、エンジンブレーキ使わないなんて危なくてしょうがないですね。


    【3】 これで納得できました。   相談者:8810 さん
       2001年9月3日(月) 22時14分
      この前も質問してしまいましたが、何だかそのときは、半信半疑でしたが今は霧してとても爽快な気分です。ありがとうございました。


<返信記事数3


------ この記事の相談期間は終了しました ------




インターネット自動車教習所