Home Guidance | 相談室Top | 利用規定 | 過去ログ | 登録回答者一覧 |




 《加速減速半クラについて》  返信記事数:7

相談期間は終了しました 加速減速半クラについて   相談者: ひびき さん
   2004年12月2日(木) 19時17分

    はじめまして。先週の日曜日に入校(MTで)して、今日技能の5時限まで終了したひびき申します。(5時限目はATに乗りました)
    私は事情により短期で取得しなくてはいけないため、短期集中コースを選びました。

    技能4時限目の目的地での停止に思いっきりつまづき、今日は「おおまけにまけて判子押す」といわれました。自分でもあまりにも出来なくて教官の言葉に異論を抱く余地すらありません。
    また、私はどうもあまりにもゆっくりやっているため終わった後にわからない点について教官に質問をする時間もなく、わからないことがわからいまま過ぎていくことに不安を抱いています。こちらで教えていただければと思い書き込みしました。

    Q1発進時、クラッチを踏みアクセルを一定にして半クラッチにして進むのですがぐいんと体が引っ張られるように進んでしまいます。この時どうすればスムーズな発進が出来るでしょうか?
    この時、車体がガクガクしてしまいます。アクセルを踏みすぎなのでしょうか?
    また、発進してすぐに左に曲がらなければならないためそちらに意識が向いてしまい、左カーブを曲がりきるまでロー(1速)で進んでしまいます。これは今後を考えると直した方が良いのでしょうか?(教官から何も言われないため今までこれで来てしまったのですが、ギアチェンジに慣れるためにも自主的にこうした方が良いとかあれば是非教えてください)

    Q2教習所内は制限速度が40kです。直線に入ってから私は二速にギアチェンジをするのですが、今からギアを三速に入れるように注意した方が良いですか?スピードを出すのが怖くて、二速のまま進めてしまっています。

    Q3もし直線で3速にした場合、カーブの時の減速時にはまたギアを二速に落とすべきなのでしょうか?

    Q4今日散々失敗した点についてなのですが、車を所定の位置に止めるとき、カーブを曲がりながら減速します。そのときギアはローにギアチェンジして、その後もっとスピードを落とし今度はクラッチのみで停止位置までスピードを調節するように言われました。が、私はスピードを落としすぎて「落としすぎ」といわれて、慌ててクラッチを緩ませるのですがそうするとエンストしてしまいます。この時、エンストしない対処法はありますか?

    Q5家での効果的な練習法などありましたら、教えていただけるとありがたいです。

    質問が多くなってしまいましたが、日々乗車するのが怖くなり、また短期で取るようにという周りのプレッシャーにたった数日の教習所通いが怖くなってきています。
    こちらの過去ログを見て、自分なりにメモをして何度も何度も読み返しているのですが、他にも何かやっておくと、覚えておくと良いことがありましたら教えていただけるとありがたいです。

<返信記事数 7

    【1】 RE:加速減速半クラについて   回答者:GSF750 さん
       2004年12月2日(木) 22時3分
      まず、Q1についてですが、「クラッチ操作の不適」の線が濃厚です。
      クラッチとはエンジンの回転力(本当はギア比{簡単に言えば今何速に入れているか}も含まれます)とタイヤの回転の仲介役をしているものです。
      エンジンの力というのは思いの外、弱いものです。
      ですからタイヤが回転していない状態からエンジンの力をそのままダイレクトに伝えようとしてもタイヤに回転を与える前にエンジンの力が負けてしまい、エンストする結果になります。
      クラッチとは、これをエンジンに負担をかけないように、少しずつ力をタイヤに伝えていく役割をしているものと思ってください。

      で、Q1の中で
      「発進時、クラッチを踏みアクセルを一定にして半クラッチにして進むのですがぐいんと体が引っ張られるように進んでしまいます」
      というのは、アクセルのふかし過ぎとクラッチを急激につなぎすぎている(踏んだ状態から放す動作)ことが原因と思われます。
      ですからもっとゆっくり優しくつないであげることが重要だと思います。
      アクセルについては音で判断すると良いかも良いかもしれませんよ。
      いちいちタコメーター(エンジンの回転数計)を見る訳にもいきませんからね。
      慣れてしまえばアクセルを踏まなくてもクラッチをゆっくりつなげることで発進することもでしますよ。
      これができるようになればエンストや急発進になることもなくなるでしょうね。

      また同じくQ1で
      「この時、車体がガクガクしてしまいます。アクセルを踏みすぎなのでしょうか?」
      とありますが、これはいわゆる「ノッキング」という状態にあり、エンスト寸前の状況です。
      エンジンの回転力が、主にクラッチを急激につなぎすぎたりすることが原因でタイヤを回転させることができずに負けてしまい、エンスト寸前になっているのです。
      このときは少しクラッチを切る(クラッチペダルを踏む)ことと、アクセルを少しふかしてやることでカバーできます。

      さらに同じくQ1で
      「また、発進してすぐに左に曲がらなければならないためそちらに意識が向いてしまい、左カーブを曲がりきるまでロー(1速)で進んでしまいます・・・・・」
      とありますが、できるならカーブの最中にでも2速に変える方がよいでしょうが、それよりも左右、左巻き込み目視などの安全確認が重要です。
      ですから無理をせずにローのままで進行し、安全確認をしっかりやって左折が終わり、ハンドルを真っ直ぐに戻したら2速に変えるというようにすればよいのではないでしょうか。
      ちなみに右左折途中でギアチェンジする時は、必ずハンドルは回さずに固定した状態でギア操作をしてください。
      ハンドルを回しながらのギア操作は「片手のハンドル操作」をとられて減点の対象となりますから、ハンドルを回す時は必ず両手でお願いします。
      逆に言えばハンドルを回し続けずに切った状態でも固定さえしていれば、右左折途中でもギアチェンジOKということになります。

      Q1を見る限りではクラッチ操作ができていないように感じます。
      早い段階で指導員に相談し、微妙なクラッチの感覚を試行させてもらうと良いかもしれませんね。
      その中でアクセルを放したアイドリング状態でのクラッチ操作のみによる発進を試させてもらえば微妙なクラッチ操作がいかに重要かがわかると思いますよ。

      次にQ2ですが、制限速度が40km/hなら3速で走ることが適切ではないかと思います。
      もっとも直線の長さにもよりますが、外周のストレートなら必ず入れられるようにしないと・・・と個人的には思います。
      それにはギア操作をスムーズに行い、かつ早い段階(例えばストレートに入る前のカーブなど)で2速に入れられれば、3速に入れるのも楽になるんじゃないですかね。

      Q3「もし直線で3速にした場合、カーブの時の減速時にはまたギアを二速に落とすべきなのでしょうか?」
      ですが、正確にはカーブに入る前に減速をして減速チェンジを行って2速にし、カーブ途中ではブレーキを踏まないで済む速度まで落とすことが重要ですよ。
      採点基準ばかり出して申し訳ありませんが、カーブ途中でのブレーキ操作は「速度早過ぎ(大)」を取られ、20点減点の対象になります。
      また交差点を右左折する際に徐行をしないのも「徐行違反」として、同じく20点減点の対象です。
      ですから交差点手前までには、しっかり減速して余裕を持って安全確認ができるようにしてくださいね。

      最後にQ4ですが、エンストしない方法は何度も書いているように微妙なクラッチ操作です。
      クラッチを緩ませすぎているからエンストしてしまうのです。
      ですからエンストとしないだけの操作量にとどめてあげればよいのです。
      また速度が遅ければ遅いほど、微妙に操作しなくてはならないと思ってください。
      微妙に操作していればQ1で出てきた「ガクガクする(ノッキング)」という状態がでてきますので、これが危ない合図であり、上にも書いたように少しクラッチペダルを踏んで(クラッチを切って)アクセルをふかしてあげてくださいね。

      Q5の練習方法ですが、私的にはクラッチとかアクセルというのは実車でないと何ともし難いと思いますし、車によっても癖があるので、アクセル、クラッチというかよりは安全確認に重点を絞った方がよいと思います。
      安全確認は車固有の癖なんて関係ありませんし、無意識にできるようになればクラッチ操作に集中することもできます。
      きっとクラッチ操作が上手にできないのは安全確認等、その他の動作に気を取られることも要因の一つだと思うのです。
      また教習中はどんどん質問して、わからないことや不安なことを抱いたまま先に進まないようにすることじゃないですかね。
      今なら簡単に聞けることも先に進んだら聞きづらくなってしまいますからね。
      大して良いアドバイスはしてあげられませんが、頑張って免許証をゲットしてくださいませ。


    【2】 RE:加速減速半クラについて   相談者:ひびき さん
       2004年12月3日(金) 0時12分
      GSF750さん、丁寧な回答をありがとうございます。
      何が悪くて、どうしてよいのかわからない状態だったので、「クラッチ操作の不適」がすべての原因だとわかり、どうすればよいのかが見えてきました。
      クラッチを急激につなぎすぎているのとアクセルの踏みすぎ(ふかしすぎ)に明日の技能では注意して進めたいと思います。
      私の多くの質問、また理解していないため曖昧な質問になってしまいましたが、丁寧に回答していただけたおかげで心の中の不安が軽くなりました。本当にありがとうございます。
      教えていただいたアドバイス、また今後も忘れないようにという意味も込めて紙に書いて、頭の中に注意点を入れてから明日の技能に向かおうと思います。

      GSF750さんの文章を読んで、焦りすぎている自分にも気づくことが出来ました。落ち着いて動作が出来るように明日にでも指導員の方にクラッチのつなぎ方に不安があるとのことをしっかりと伝えてようと思います。

      いろいろと不安はありますが、こちらに書き込むことによって自分が一体何を不安に思っているのか、また何を疑問にしているのかをちょっとづつ整理することも出来ました。
      アドバイスを頂いて、気持ちがゆっくりと落ち着き「また明日も頑張ろう」という気持ちになれました。

      本当にありがとうございました。


    【3】 RE:加速減速半クラについて   相談者:ひびき さん
       2004年12月4日(土) 0時27分
      何度もすみません。どうしてもう一度お礼が言いたくて書き込みします。
      GSF750さん、本当にありがとうございました。GSF750さんに言われた言葉を頭の中で何度も何度も反復して今日は教習所に行ってきました。
      短期のためか今日も今まで習ったことのない指導員の方でしたが、今日の指導員の方はゆっくりと話してくれてしかも発進する前の軽い説明の後に「今までで、何かわからない、不安な点はありますか?」と聞いてくださいました。私はすぐに「クラッチが良くわからない。ギアチェンジも良くわかってない。半クラッチもわかってない」ととにかく不安に思っていることを全部話すことが出来ました。
      話終わると、指導員は「そうですか……。でもちょっと無線のコースを説明しますね」と発進してコースを説明しながら運転していたので、私はまた先に進められるのか……と気落ちしてしまったのですが、運転を変わり私が運転し始めるとエンスト連発、車体ががたがた揺れるのを何度も見て「なるほど。貴方が不安に思っていることが良くわかりました」ととても優しい口調で言ってもらえました。
      それからは、左折、右折、外周、内周をしながらとにかくクラッチの繋ぎ方を重点的に教習してもらえました。
      指導員に「今日は先に進めることは忘れましょう。ひびきさんが納得いくまでしっかり理解出来るまでとことん練習していきましょう」と言ってもらえて、大きくはっきりと「はい!!」と返事が出来ました。本当に嬉しかったです。

      今日は二時間乗車があったので、その時間全部クラッチ、停止してからの発進の仕方。停止の仕方、半クラッチというのは車がどういう状態になるとそうなのかとか本当に丁寧に、そして何度も何度も教えてもらえました。
      わからなくて私が戸惑うと、車を止めて図を描いて説明してもらったり、運転を変わりながら指導員の方の足を動きを見せてもらったり、またクラッチだけでの発進も練習させてもらいました。(出来たときには本当に嬉しかったです)

      明日は技能の時間は入っていなかったのですが、まだ私がわかりきっていないので技能の時間を入れてもらい、明日も今日やったことを理解しきるまで「みっちり練習しましょうね」と言われました。
      今日二時間乗っていて、ちょっとづつですがわかってきたので明日も練習してしっかりと不安なところを克服したいと思います。
      今日の技能で、ギアチェンジのコツを掴んで外周の直線では40k近くまで出すことも出来ました!(指導員の方も一緒に喜んでくださって、涙が出そうになるほど嬉しかったです)

      本当にこちらに相談してよかったです。相談していなかったら、私は今日もきっと指導員の方に何も言い出せなくて、暗い気持ちだったと思います。

      明日もみっちり練習できる!と思ったら、初めて教習所にいくのが楽しみになりました。
      本当に丁寧なアドバイスをありがとうございました。
      連続してお礼を書き込むのはおかしいのかな?と思いましたが、どうしてももう一度お礼が言いたくて我慢できませんでした。

      本当にありがとうございました!明日も気合入れて元気に行って来ます。


    【4】 RE:加速減速半クラについて   回答者:登録回答者 Candy さん
       2004年12月4日(土) 1時23分
      こんばんは、ひびきさん。Candy(♂)と申します。

      良い教習が良かったですね!!
      MT車のコツは「速度にあったギアの選択」です。
      極端に言えばアクセルを踏まなくてもクラッチの調節で車は動きます。
      車はご自身の操作に素直に答えてくれます。
      ご自身も車の状態を察知することも大事です。
      例えば、ゴトゴトとなったとき(ノッキング)は、「エンジンが苦しいよー」って言っているのです。
      対処は「エンジンの回転を上げる」or「クラッチを切ってエンジンを楽にしてあげる」などです。
      発信の時、半クラにしますよね。その半クラの状態を維持するのもコツです。
      左足を上げるのをほんの少し止める事です。その間は半クラ状態なので車がスムーズに動きます。

      By.Candy


    【5】 RE:加速減速半クラについて   相談者:ひびき さん
       2004年12月4日(土) 19時9分
      Candyさん、アドバイスありがとうございます。
      今日、教習所に行く前にCandyさんの書き込みを拝見して、さっそく頭に入れてから教習所に行ってきました。
      速度にあったギアの選択、というのがその時は良くわからなかったのですが
      今日の技能も復習項目ありだったので、ギアチェンジや半クラッチをみっちりやってきました。
      その時に、「こういうことか!!」と、まだなんとなくですが掴めて来ました。
      特に書いていただいた「発信の時、半クラにしますよね。その半クラの状態を維持するのもコツです。
      左足を上げるのをほんの少し止める事です。」というのが頭にあったので、試してみると本当にスムーズに!!
      最初こそエンスト二回しましたが、その後はエンストなし。半クラッチもわかってきて、発進もスムーズ。ギアチェンジの時には多少まごついてしましましたが、それでも昨日までとは違って「ちょっとづつだけで出来るようになってる」という実感を持てました。
      そのおかげで、復習項目なしで次にも進みました。まだ先に進むことに抵抗があったのですが、次の時間では最初はギアチェンジの不安があることを伝えると、それをまた教えてもらました。おかげでかなりギアチェンジのコツがわかりました。スムーズに加速ギアも出来たんです。「半クラの状態を維持する」それがどういうことなのかわかりました。

      その後は坂道発進と、踏み切り前の停止と発進をやりました。
      今まで散々発進の時の半クラを練習してきたおかげで、一度でスムーズに出来て、その後数回繰り返してやりましたがすべてスムーズに出来ました。

      アドバイス本当にありがとうございました。スムーズに出来たことが嬉しくて、ちょっと(かなり)浮かれた書き込みをしてしまいましたが、どれだけこちらに勇気付けられ、また助けられたかわかりません。教えて頂いたこと全部が的確に役立って、今日の教習に生かすことが出来ました。

      まだまだ先は長く、これからもこちらに来ます。その時にはまた良かったらアドバイスをお願いします。
      本当にありがとうございました。


    【6】 RE:加速減速半クラについて   回答者:GSF750 さん
       2004年12月5日(日) 17時1分
      ひびきさん、こんにちは。
      私事&仕事が色々あって返事が遅くなってしまいました。

      私のアドバイスが多少なりとも役に立ったみたいで、こちらとしてもうれしく思います。
      私達、回答者は少しばかりのヒントをあげることしかできませんが、それを生かせるかどうかは本人の努力とやる気次第だと思います。
      ですからひびきさんが迷っていたことやできなかったことについて、解決に向け前進できたというのは、前向きな姿勢が生んだあなた自身の努力と実力の賜物だと思いますよ。

      そしてひびきさんを指導してくださった指導員もすごく良い方ですね。
      私も色々な教習所に通いましたし、指名ができなかったために色々な指導員に教えていただきましたが、相性の善し悪しというのは常にあるものです。
      しかし、逆に考えれば様々な価値観を持ち、教え方をする指導員とふれ合うことができるということになります。
      中には合わない方もいるでしょうが、自分にとって良い意味で忘れることのできない指導員にも巡り会えるということになります。
      私もスランプに陥り出口が見えなくなったとき、そういった指導員のおかげで先に進むことができた覚えがありますしね。

      自分で努力をして得たものというのは実力につながり、苦労したらその分だけ忘れにくいものです。
      最初から上手にできる人は希ですし、そういった人ほど基本をすぐに忘れてしまうものと思います。
      なーんて偉そうなことを書いていますが、私もつい最近まで教習所に通っていましたし、試験場にも顔を出していました^^

      これから先、幾度となく大きな壁にあたることでしょう。
      でもみんなそれを乗り越えてきたわけですから、頑張ってくださいね。
      また教習所ではたくさん失敗することこそが上達への近道と思います。
      失敗することにより記憶として強く自分の中に残り、それが同じ過ちを繰り返さないことにつながります。
      また失敗した時の「カバーの仕方」というのも覚えられますし、パニックを起こさずに冷静な判断をすることができるものと思います。
      それは免許証を手にして1人で運転をして何かあった際に必ず役に立ちますから、変な言い方ですがどんどん失敗して、失敗を次に生かせるようになってくださいね。


    【7】 RE:加速減速半クラについて   相談者:ひびき さん
       2004年12月8日(水) 21時24分
      GSF750さん、アドバイスを頂きながらお礼が遅れてしまってすみませんでした。
      今日の技能で、「次は無線だよ」と言われて明日には無線に挑戦することになりました。

      GSF750さんの書き込みを実は数日前には読んでいました。すぐにお返事出来なかったのはまさにその日の技能で私はパニックを起こしてしまって、また随分と気落ちしていたためです。そのとき、GSF750さんの書き込みの中の「パニックを起こさない」という言葉に、「そうだ。パニックを起こしたらいけない。もっと落ち着くようにしなくちゃ」と改めて思えるようになって、もう少ししっかりしてから返事を書こうと思ったからです。

      こちらで頂くアドバイスはまさに「今」役に立つことばかりで、本当に心の励みにもなりますし、また実際とてもためになります。
      おかげで、あんなにも発進が苦手だった私が今では「発進だけは得意」と心の中で思っているほどです。ゆっくりですが、発進で慌てることはなくなりました。ゆっくりでもしっかりやっていこう。駄目なら駄目で次があるってこちらで頂いたアドバイスを読むたびに思います。

      教官の合う合わない、ありますね。私も怖くてたまらない先生が居るのですが、その先生は確かに怖いのですが私の発進の不安定さを見て「二速でも発進できるんだから、焦らないでよいんだよ。ほら、もっとアクセル踏んで……」と他の先生とは違ったやり方で(当たり前なんですが)ちょっとしたコツを教えてくれたりと、先生が違うから戸惑うこともありますが、違うからこその良さにもGSF750さんの書き込みで気づくことが出来ました。
      (その日は、先生の怖さしか考えられなかったのですがGSF750さんの書き込みを読んで、そういえば……と思い出しました)

      こちらに書き込みをした日はどん底な気持ちだったのですが、アドバイスを頂いて技能でなんとかくわかってきて、少しづつ運転にも変化が見えて、今でもまだ不安定な部分もありますが、運転が面白いなと思えるようになりました。
      MTの面白さが少しづつわかってきて、最近は技能の時間が楽しみになっています。

      本当にありがとうございました。
      そしてまた躓いたときにはよければまたアドバイスをいただけるとありがたいです。



<返信記事数7


------ この記事の相談期間は終了しました ------




インターネット自動車教習所