Home Guidance | 相談室Top | 利用規定 | 過去ログ | 登録回答者一覧 |




 《怖くて。》  返信記事数:5

相談期間は終了しました 怖くて。   相談者: まな さん
   2002年12月9日(月) 21時43分

    こんにちわ。私は、8月の末から教習学校に通っているのですが、最後の卒業の学科試験に落ちてしまってから行っていません。技能の方も最後のみきわめだけ残して終わりました。
    でも、あれからもう1ヶ月も経ってしまいました。
    と・・・言うのも、学科試験に落ちた直後に技能の教習があって・・・凹んでいる中での路上だったので、いつも上手く運転も思うようにいかなくって『これじゃぁ、落ちるよな。』的なことを言われてから行こうかなぁ〜って思っても又落ちるかも・・・と言う考えになって行くのも怖くなってしまう始末です。
    最後の最後での挫折は絶対もちろん嫌です。
    でも、普段から日本語が本当に不得意な私は引っ掛け問題にやられてしまうのです。ちなみに、仮免の時も2度落ちました。もちろんちゃんと勉強もしています。
    たとえこの後試験に受かっても、本試験でまたかなぁ・・・と思ったら増す増す・・・。
<返信記事数 5

    【1】 RE:怖くて。   回答者:kin さん
       2002年12月10日(火) 8時23分
      KINと申します。こんにちは。

      2段階の効果測定は私も一度89点で落としています。悔しくて、翌日何も準備
      しないで又受けたら98点で合格しました。

      試験と言うものはえてしてこんなものです。たぶんまなさんの勉強の方法にも
      工夫が必要かもしれませんね。
      「日本語が不得意」ということですが、法規の文言はそれだけでも普通の
      日本語よりややこしい表記をされていますから、学科の教本に出ていることを
      そのまま覚えて下さい。

      学科の勉強はとにかく問題をどんどん解いて、傾向(どんな言い回しで出題
      されるか)をつかむことです。数多く問題に接する事で、これも技能同様
      「慣れ」の部分が出てきます。少しでも迷った問題があったら、その時にすぐ
      必ず解決しておきましょう。

      たぶんまなさんもそんなに低い点数で落ちていらっしゃるのではないと
      思います。ご自分が引っかかった問題を重点的に洗い出して、きちんとした
      根拠をつけて覚えて行かれるようになさってくださいね。ただ教本を
      無為に読んでいるだけでは決して覚えきれないところが出てくるはずです。

      効果測定は受かるまで何回でも受けられるはずですから、本試験の準備、
      と言う感覚で、今のうちにどんどん受けておくのも良いことかもしれません。
      終わってしまった事は悲観的に引きずると、運転にも気持ちの問題で影響
      してきます。考え方一つで学科の覚え方はいくらでもあるのですから、
      過去ログなどで検索なさってみてくださいね。

      どうしてもこれがわからない、という具体的な問題がありましたら、
      こちらにお寄せ下されば、他の回答者のみなさんが協力してくださいますよ。


    【2】 RE:怖くて。   回答者:登録回答者 上州児 さん 上州児さんからのメッセージ
       2002年12月10日(火) 8時45分
      こんにちはまなさん
      後少し。。。と言う所ですね、頑張りましょう
      「試験に落ちること」は誰でもショックですしかし後ちょっとですから自分を信じて試験受けましょう
      私は試験に不合格になった人によく言う言葉があります、それは「一般的な国家試験は一年に多くあっても二回くらいですが仮免及び学科試験は一週間に二、三度受けられるんだから気楽に受験しましょう」・・・なんて励ましています
      ですから、まなさん気を取り直して受験して下さい
      ちなみに私なんか試験に落ちる事が当たり前で一年に何回か試験を受けていますが落ちてから自分の足らないところがはっきりしますのでそれを猛勉強します
      人生すべて勉強だと思って前向きに考えましょう。。。失敗を怖れず
      頑張って下さい

    【3】 RE:怖くて。   回答者:nor さん
       2002年12月10日(火) 16時31分
      norと申します。まず、学科と技能は別と考えてみてください。ひとつの失敗から連鎖的に続くことはあります。しかし、解くことと技能検定は関係ない(方法論の上でね)と思いますので・・・・
      学科は「卒検前の効果測定の勉強法」というところで日本語表現について少し書かせてもらいました。よかったら参照してみてください。

      まなさん、少しくだらない話にお付き合いくださいね。僕も限定解除試験で一度落ちしたが次で受かりました。このときは落ち込むことはなかったんですね。9月の下旬にアルバイトをしました。1日10時間、休憩なし、休みもいつ来るかというようなところでしたよ。とうとう体を壊してやめました。それから働くこと自体自分には無理のように思えてきてどうしようもない気持ちになりました。12月になって郵便局に勤めました。でも、失敗はしますがしっかり仕事が出来て人間関係も上手くいっています。ね?過去と現在や未来は直接かかわりをもたないということを悟りますよ。過去の事例は確かに自分を知るうえでは役に立つものかもしれませんが、そこにこだわることはかえって害ではありませんか?
      あとすこしですね、免許を取ったらどこに行きたいですか?
      頑張ってくださいね、もうすこしですから。


    【4】 RE:怖くて。   回答者:mkn さん
       2002年12月10日(火) 23時3分
      初めまして。
      私は仮免の時、学科の効果測定、検定とも2回目で合格しました。学校の受験や就職試験にしても、最初に受けたものはどれも落第してきました。kinさんや上州児さんも私と同じように一回目の試験では通らないタイプに属するようです。一発勝負に強いという人も世の中にはいますが、みんながみんなそういうわけではありません。
      お金や時間の問題はありますが、1回目は場慣れ、と割り切ってみるのもよいかもしれません。

      それから試験勉強ですが、たぶん教習所で購入した問題集を使っておられると思います。私は教本とは違い、問題集には書き込みをせず、解答は別の紙に書くようにしていました。運転免許の学科試験は大学入試などとは違ってそんなに新しいパターンがあるわけではありませんから、問題集は白紙にしておいて何度も反復した方がよいと思います。

      あと言葉の問題ですが、この手の試験は「書き言葉」の世界です。法令の世界はその中でもまた特別なものです。まなさんは学生さんですか?今の若い人は「話し言葉」をそのまま文章化するのに慣れている場合が多いので書き言葉をうまく読みとれない傾向があるようです。これも慣れていただくしかありません。
      押しつけがましいかもしれませんが、何か仕事をするようになったらそれはたいてい書き言葉の世界です。慣れておいて損はないと思いますよ。


    【5】 RE:怖くて。   相談者:まな さん
       2002年12月10日(火) 23時44分
      4人もの人に答えてもらえるなんて・・・。ありがとうございます!!
      とりあえず・・・明日時間があるので行ってみようかと思います。
      閉じこもっていても進まない・・・と言うのは自分が一番実感していたのに気づきました。
      なんか、教習の事から将来の事まで考えさせられました。
      明日、軽い気持ちで行く事は出来ないでしょうが・・・思いつめないで、行ってみます。
      ありがとうございました!!


<返信記事数5


------ この記事の相談期間は終了しました ------




インターネット自動車教習所